TIMEKEEPERのバナー

戦前戦後

25. スワン コマ天府式 【新日本時計】

SWAN

SHIN NIPPON TOKEI CO. LTD, TOKYO

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
新日本時計 昭和30年頃 (W)19.5cm
(D)4.5cm
(H)11.5cm
コマ天府式2日巻き、棒鈴目覚付、 プラスチック枠夜光支

新日本時計という会社の2日巻きの目覚時計のスワンです。 新日本時計については情報がありませんが、戦後の新興時計メーカーのひとつでしょう。

枠は当時流行したプラスチック製です。 機械は2日巻きで「コマ天府」を特徴とし、窓からコマ天府の動きが見えるようになっています。 目覚ましの鈴は棒鈴で柔らかく高級感のある音色です。

当時の広告にもほとんど出てこず、ようやく発見した広告には製品が3種類しか掲載されていませんでした。 後発であるために拘った製品造りをしたようですが、すでに機械式に拘る時代ではなくなってきていたため、 あっという間に消滅してしまったメーカーのようです。

ボタンをクリックすると拡大




文字板と機械

KOMATENPU
PATENT
2 JEWELS
SHIN NIPPON TOKEI CO. LTD, TOKYO
PAT NO,441140.

写真提供:ペトリさん

当時の広告

日本堂商報 昭和30年頃

オルゴール付はエンゼル一つだけ、目覚ましはカナリとスワンの2種類があったようです。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / ・ 次頁右向きの矢印