TIMEKEEPERのバナー

戦前戦後

11. ビックベン型中三針 目覚時計 続編 【帝国時計工業】

ビックベン型 黒支

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
帝国時計工業株式会社
(名古屋市瑞穂区竹田町)
昭和20年代 直径 11.0cm
高さ 12.0cm
毎日巻き、目覚付、ケースは真鍮、裏蓋は鉄、台座部分と内部のゴトクがアルミ製、 セルロイド夜光黒文字板、中三針

前頁のビックベン型の台座はそのままに、時計本体の形状を Big Ben Style 2 似にしたタイプです。 風防はセルロイドではなく板ガラスになっています。 この時計の本体の金枠は経年でヒビ割れてしまうようです。 ご覧のように沢山の亀裂が入って、塵除けがしっかりと嵌らない状態でしたが、 裏側からアルミテープを貼って補強しました。

本体がやや大きめに見えますが、機械はまったく同じものです。

黒支

夜光ではないようです

裏蓋の刻印

TEIKOKU ALARM
PATENTED
22 2095
22 157A

中三針機械

刻印無し

ビックベン型 白支

TEIKOKU ALARM

写真提供:Konさん

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / ・ 次頁右向きの矢印