TIMEKEEPERのバナー

戦前戦後

16. BEHIND BELL 【銓工舎】

BEHIND BELL

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
銓工舎(せんこうしゃ)
(東京都神田区元佐久間町7)
昭和初期(推定) 直径 9.5 p、奥行き 5.4 p 毎日巻き、目覚付
真鍮胴ニッケルメッキ枠、 セルロイド夜光文字板

銓工舎(せんこうしゃ)は、林時計の子会社で、 昭和初期は掛時計卸だったようですが、置時計も若干製造していたようです。

時計の雰囲気は、東光舎や山口時計、それに精工舎のタンゴなどとよく似ているので、戦前の昭和10年代か戦後の昭和23年代以前の製造と思われます。 (銓工舎は昭和23年に林時計製造株式会社に改組された)

文字板はセルロイド製で夜光、BEHIND BELL という名前の他、6時下には、MADE BY SENKOSHA TOKYO JAPAN とあります。 機械は間欠式ではないかと見られます。(部品の欠損あり)

機械

文字板だけ大量に入手しました

ボタンをクリックすると拡大








銓工舎 目覚時計の文字板

一枚だけ金属文字板、他はセルロイド製

どういうわけか、銓工舎の文字板が沢山入った箱がでてきました。 新品あり、一度取付けたものを取外した形跡のあるものもあります。 これだけ大量にまとまっているのは、普通の時計屋さんの在庫ではないと思われます。 材料屋さん、あるいは工場から出てきたものか? 菱形Tマークに "oshima" とあるものもあり、何のことやら興味深いです。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / ・ 次頁右向きの矢印