TIMEKEEPERのバナー

戦前戦後

9. アルミ枠目覚時計 【愛知時計電機】

資料 1 茶色

愛知時計 アルミ枠目覚時計

MADE IN OCCUPIED JAPAN

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
愛知時計電機
(名古屋)
昭和21〜26年頃(MADE IN OCCUPIED JAPAN) 直径 12.5cm
高さ 14.0cm
毎日巻き、目覚付、アルミケース(枠、裏蓋、台)、アルミ文字板

愛知Cruxよりやや大きく、機械も普通の大きさのものが入っています。 そのためか、Cruxでは省略されている秒針もついています。

ケースは総アルミ製。 台の作りに特徴があります。詳細は後述。 機械は、しっかりとした作りですが、戦前ものと比較すると加工の荒さを感じます。 内鈴はCruxと同じです。 文字板は、「TRADE 愛知の商標 MARK」 と、6時下に、「MADE IN OCCUPIED JAPAN」とあります。

機械と文字板

内鈴目覚機械

愛知商標刻印あり

文字板

MADE IN OCCUPIED JAPAN

機の地板左上には愛知の商標が刻印されています。 文字板は、ベースが鉄でその上にアルミ板を重ねた二重構造です。

アルミ台

蓋付きのアルミ台

お弁当箱の蓋のみたい・・・

おまけ画像

目安針の修理

塗装した後に乾燥中の図

オーバーホールのため、分解をはじめたところ、ちょっと触ったら目安針の先端がポロリともげた。 変わった形だったので換えてしまうのはあれなんで、半田でくっつけて黒く塗装しました。 最近老眼入ってますので、これくらいの作業でもキズ見が必須です。半田コテを顔の近くに持ってきての作業はドキドキもんでした。 そろそろ、ちゃんとした眼鏡を買わないと・・・笑、
機械のほうは天真研磨と受けネジ交換で元気ハツラツ! です。

資料 2 クリーム色

ボタンをクリックすると拡大





愛知時計 アルミ枠目覚時計

MADE BY AICHI TOKEI DENKI K.K. NAGOYA.

資料1と違って枠も文字板も明るい色です。 文字板はベースの鉄に紙貼り、そして6時下は MADE IN OCCUPIED JAPAN ではなく愛知時計の名前が入っている点が相違点です。

内鈴目覚機械

愛知商標刻印あり

機械の取り出し方

ガラス縁を引っ張って外すとガラスが取れます。 この状態で裏蓋の四隅のネジを外せば、機械がポロッと出てきます。

2つ並んで・・・

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / ・ 次頁右向きの矢印