TIMEKEEPERのバナー

愛知時計電機株式会社

1. 愛知時計電機株式会社の沿革

沿革概要

愛知時計は明治26年に名古屋東橘町にて創立、ボンボン時計の製造を開始し、製品は国内のみならず海外に輸出され好評を博した。
その後多くの変遷を経て時計の他、量水器、メーター、精密諸機械等を製造している。時計は掛時計を主軸として目覚時計及び置時計を 製造したが戦後は輸出不振により生産を縮小した。(昭和26年の時点では時計は会社全生産高の20%)

年 号 事 項
明治25年 水野伊兵衛は長谷川喜七を職長として東橘町で水野時計製造所を創立し丸Sのマークを付けてボンボン時計の製造を始めたが翌年愛知時計製造合資会社に併合された。
丸SマークのSは水野伊兵衛の屋号の住吉屋(錺職)からとったもの。愛知時計合資会社になってからもこのマークは使用されている。
明治26年5月 五明良平其他が資本金2万円の愛知時計製造合資会社を創立(名古屋東橘町)、ボンボン時計の製造を開始。
役員 : 五明良平、五十川卯三郎、原田鑑次郎、水野伊兵衛、長谷川喜七
明治31年7月 資本金8万円の愛知時計製造株式会社に改組、鈴木ハ兵衛が社長になる。
当時海外進出を企てる者がいなかった為これに着眼し製品の大部分を輸出に傾注する。
社長 : 鈴木ハ兵衛
常務 : 五明良平
取締役 : 青木鎌次郎、水谷嘉助、水野松蔵
監査役 : 日比野広吉、加藤兼次郎   
明治33年 北清事変の影響を受けて輸出が途絶し、加えて当時内地の不況を蒙り多額の損失を生じ一時苦境に陥るが数年にしてようやくこれを克服し、また海外の信用を博し次第に輸出の増加を見るに至る。
明治37,38年 日露戦争に際し陸軍より砲弾の精密部品などを受注し39年には海軍より精密兵器製造の命を受けるようになる。
其の後社内に時計及び電気の二部を設置し、時計部に於いては掛、置時計、蓄音器及機械洋燈類を製作。
電気部に於いては各種通信機、電気諸機械及精密兵器を製作する。
大正元年 資本金を15万円に増加し社名を愛知時計電機株式会社と改め、同年12月本社工場拡張のため中区東川端町に移転する。
大正9年 その後社運は次第に伸張し資本を増加する事4回、大正9年には資本金500万円になり航空機の製作を開始したが漸次工場の狭隘を認め再び移転の方針を立て熱田区船方に選定す。
瑞穂工場を新設したのもこの時である。
大正12年 船方に本社工場完成、ここではもっぱら海軍用の精密兵器の製作をなし、瑞穂工場では主として時計を製造する事になった。
相変わらず輸出に重点を置き、東南アジアから中南米に向けて活発に輸出した。
大正14年6月 時計部を分離して愛知時計株式会社を創立して高級の時計を除くほかは同社で生産し、 本社は専ら海軍へ兵器の生産に従事することになった。
大正15年2月 逓信省航空局懸賞応募に係る輸送用水上飛行機及び陸上飛行機の設計に応募し、水上機は一等、陸上機は二等に当選し、 続いて試作機、愛知AB一型水陸交換機を完成する。
該機は各社の航空輸送に従事して何れも優秀な成績を残す。
鈴木ハ兵衛の勇退を受けて青木鎌太郎が社長に就任
昭和2年 本社工場では航空機発動機を、瑞穂工場では量水器の製造を開始。
その後国際情勢は次第に険悪になり開戦から敗戦に至るまでその生産主力は海軍兵器の生産で有った。
昭和13年 この年に於ける愛知時計電機株式会社の主要製品の概略
A 航空機並発動機
B 電気、兵器類
C 時計類
D 量水機
昭和18年 航空機製造部門を分離し新たに愛知航空機株式会社を設立、青木を会長に社長は増本敏三郎が就任した。
資本金3000万円
昭和21年 終戦後21年1月瑞穂工場において時計及び量水器の製造事業を再開。
昭和24年4月 戦災を受けた旧本社工場を復興再建して船方工場として量水器部門をここに移し、瑞穂工場においては専ら時計製造をする事になった。
昭和24年6月 企業再建整備法に基き、第二会社、新愛知時計電機株式会社を設立して生産業務を一切引き継いだ。
社長 : 白石豊彦
戦後の輸出は戦前の経験を活用し諸種の悪条件を克服して東南アジアやメキシコにその販路を獲得した。
戦後は瑞穂工場のガスメーター、自動車用計器、船方工場の紡績用巻返機、昭和25年吸収合併により新設した堀田工場の歯車類、冶金工具、精密機械等戦後に生産を始めた物であるがその性能は重視されている。
昭和27年7月 第二会社として設立された新愛知時計電機株式会社は27年7月第二会社を設立後清算中の愛知時計電機株式会社を吸収合併して資本金6400万円となり、同年12月には社名を旧名、愛知時計電機株式会社に変更した。

商標登録原本

明治37年10月28日登録 愛知時計株式会社

PR




1 / 2 / 3 / 4 / ・ 次頁右向きの矢印