TIMEKEEPERのバナー

スリゲル型 国産その他

17. ペキン 【精工舎】

No.201 座敷時計「ペキン」

意匠登録 第九九七二号

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
(東京市本所区柳島町)
明治44年〜大正12年(関東大震災まで) 総丈二尺三寸 木地塗、十五日巻、時打三十分打

振子室の硝子が豪華な精工舎のペキン。背板に意匠登録番号は「第九九七二号」です。 破風の飾りが大正12年のカタログ掲載と若干異なりますが、作り替えられた形跡がありませんので、このような型も存在したと考えられます。

写真提供 ENAさん

各部の拡大

干支

破風

上戸

振子

当時のカタログより

No.201 ペキン

大正12年7月カタログより

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 / 31 / ・ 次頁右向きの矢印