TIMEKEEPERのバナー

スリゲル型 精工舎

13. パナマ 【精工舎】

No.196 座敷時計「パナマ」

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
(東京市本所区柳島町)
大正期 銀色金属文字板径七吋、 丈二尺五寸 木地塗、十五日巻、時打三十分打

世界の都市シリーズ大正期のパナマ。 パナマと云えば、「パナマ運河」が頭に浮かびますが、 パナマ運河が開通したのは第一次世界大戦の勃発直後ですから、ちょうどこの時計が製造された頃です。 これは前期型で二枚扉になっており上下が別々に開きます。上部の小さい擬宝珠は欠損のため後作したもの。

写真提供 ENAさん

振子

当時のカタログより

No.196 座敷時計「パナマ」

木地塗、丈 二尺五寸
金 二十二円二十銭

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 / 31 / ・ 次頁右向きの矢印