TIMEKEEPERのバナー

スリゲル型 精工舎

11. モスコー 【精工舎】

No.209 モスコー

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
(東京市本所区柳島町)
大正期 銀色金属文字板径七吋
丈二尺七寸(奥行き12cm)
木地塗
十五日巻、三十分打

モスコーはパリ、ベルリンの仲間で、ベルリン、パリに始まった世界の都市シリーズの大正期のものです。
大正12年関東大震災まで生産されていますが、 その後このシリーズは縮小されて「No.194 ナポリ」「No.195 トリノ」「No.198 スエズ」が戦前まで残っていました。
モスコーとはロシアの首都モスクワ(Moskva)ですが英語読みではモスコー(Moscow)です。

写真提供 ERICさん

当時のカタログより

「莫斯科」座敷時計

大正9年輸出用カタログより

大正12年7月カタログより

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 / 31 / ・ 次頁右向きの矢印