TIMEKEEPERのバナー

明治の時計塔

28. 市政会館 時計塔

(東京大建築) 市公会堂市政会館

The Tokyo prefecture public hall.
戦前絵葉書

市政会館(しせいかいかん)は、東京都千代田区に位置し、同盟通信社や、その後身の時事通信社が本社を置いたことで知られる。 日比谷公園のシンボル的な建造物であり、天に向かってそびえる中央の塔と塔の最上部にある四面の時計が印象的である。 落成は 1929年(昭和4年)10月19日、設計は佐藤功一、施工は清水組(現・清水建設)、鉄筋コンクリート6階建。 時計塔機械は当初は阿部式電気時計であったが昭和19年に供出され、昭和25年に沖電気製電気時計が設置された。

1999年(平成11年)6月11日に、東京都景観条例に基づき「東京都選定歴史的建造物」となった。 また2003年(平成15年)6月9日、千代田区景観まちづくり条例に基づき「景観まちづくり重要物件」に指定された。

参考 ウィキペディア

時計塔

戦前の阿部式電気時計

(東京大建築) 日比谷の市政会館・市公会堂

The Tokyo prefecture public hall.
絵葉書 昭和7年頃

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 /