TIMEKEEPERのバナー

精工舎 SEIKOSHA

1. 画像で見る目次 精工舎の掛時計一覧

服部時計店は時計製造に際し、まず掛時計から始めた。 明治25年5月に東京市本所区石原町に精工舎工場を創業、7月にはじめて掛時計の生産に成功したといわれている。 翌年26年には、工場を柳島に移転し、その後数年の間に掛時計生産は急増、 明治30年頃には名古屋の林時計・愛知時計を上回る日本最大の掛時計量産工場となった。

石原町工場製

写真をクリックして解説ページへ

精工舎の創業

(明治25年)

小型三筋花星

(明治25年〜26年)

小型花

(明治25年〜26年)

八吋張四ツ丸

(明治25年〜26年)

中型上平金

(明治25年〜26年)

柳島工場製

S.Ito金縁四ツ丸

(明治28年頃)

壹號小型金筋入

(明治28年頃)

中型上深金

(明治26〜29年頃)

中型木目二重金

(明治30年頃)

小型三筋

(明治30年頃)

中型花

(明治30年頃)

小型花

(明治31年頃)

中型三筋

(明治31年頃)

中玉縁尾長

(明治30年代前期)

中型巻物形

(明治30年代前期)

大和藤内

(明治30年代前期)

別大飴色四ツ丸

(明治30年代)

鼈甲塗玉縁
扇Sラベル

(明治34年頃)

小型金筋入
鍵S変形ラベル

(明治34年頃)

中型鋲打
鍵S変形ラベル

(明治34年頃)

中型木目花
ダブルマーク

(明治35年頃?)

黒彫付尾長
鍵S登録商標

(明治35年頃?)

小型上平金
鍵S登録商標

(明治30年代後期)

金縁中高合長

(明治30年代後期〜40年代初期)

中型鋲打

(明治30年代後期〜40年代初期)

小型木目金筋

(明治30年代後期〜40年代初期)

木目二重金尾長

(明治40年代初期)

大彫四ツ丸

(明治40年代)

小型金筋入

(明治40年代初期〜大正初期)

六吋廿金と
六吋シリーズの謎

(明治39年?)

六吋巻物

(明治40年代末)

ハノイ万国博メダル

ラベルの時代背景
と謎

PR




1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 / 31 / 32 / 33 / ・ 次頁右向きの矢印