TIMEKEEPERのバナー

アンチモニー枠 毎日巻機械

26. 白熊 【精工舎】

No.553 イブシ白熊

ボタンをクリックすると拡大




No.553 イブシ白熊

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
SEIKOSHA
昭和12年頃 高 三寸七分
幅 七寸四分
文字板ニ吋半
毎日捲きビー機械、アンチモニー側

上野動物園は当初は日本産の動物が主体でしたが、1886(明治19)年に宮内省所管となってからは、外国産の珍しい動物が集められました。 また、外国の王室からの贈物や、日清日露両戦役での戦利品などが宮内省に献上され、数多くの動物が展示されるようになりました。 1924(大正13)年に、皇太子殿下(昭和天皇)ご成婚を記念して、上野動物園は上野公園とともに東京市へ下賜され、 その頃より園内設備の大改造がおこなわれました。 ホッキョクグマ(白熊)舎は園内設備の近代化改造第1弾として1928(昭和3)に完成したそうです。

この白熊はそんな時代背景で誕生した置時計かもしれません。

参考サイト: 上野動物園

当時のカタログより

ボタンをクリックすると拡大





精工舎・置時計・掛時計 No.58より

昭和12年5月発行

No.453 三吋 イブシ熊

精工舎・置時計・掛時計 No.58より
昭和12年5月発行

八日巻きビーに白のつかない「熊」もいました。 白がついていませんが、こちらも白熊のようです。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / ・ 次頁右向きの矢印