TIMEKEEPERのバナー

アンチモニー枠 毎日巻機械

9. 兜 【精工舎】

No.512 イブシ兜

No.512 イブシ兜(かぶと)

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
SEIKOSHA
大正末〜昭和初期 高 三寸五分
巾 五寸
文字板ニ吋
毎日捲きビー機械、アンチモニー側、 二円三十銭(昭和8年精工舎カタログより)

この時計を精工舎の昭和5年のカタログで見つけてから、欲しくて欲しくて探していましたが、ようやく入手できました。 初期のアンチ枠は舶来品の物真似が多かった中、おそらくオリジナルデザインで、ごてごてしてなくてすっきりしていて、 それでいて曲線がいーー感じ。思わずナデナデしたくなります。

枠の仕上げは、「流金」と「イブシ」の二種類があるようですが、これはイブシの方だと思うんですけど・・・ 良く観察すると硝子縁の裏にわずかに金色が見えるので、「No.511流金兜」の金色が全部剥げ落ちたものかも知れません
ウブ出しで不動でしたが開けてみたら機械はとても状態良く、天真研磨によりビンビンに元気です。

横から見た姿

No.511 流金兜

当時のカタログより

No.511 流金兜

ボタンをクリックすると拡大




No.511 流金兜

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / ・ 次頁右向きの矢印