TIMEKEEPERのバナー

ヘソ形目覚 両鈴

2. 唐草両鈴目覚 【精工舎】

No.904 唐草両鈴目覚

鍵S商標印商標

メーカー 製造開始年 大きさ 仕様・備考
精工舎
SEIKOSHA
明治後期〜大正初期頃 本体直径11.5 p
文字板径三吋半
毎日巻き、目覚付
真鍮胴ニッケルメッキ枠(Brass Case Nickeled)
紙製文字板(商標無し)

立派な唐草の装飾がついてた唐草両鈴目覚。 植物の葉をかたどった装飾が「唐草」なのでしょうが、この実のついた植物は南天唐草ではないかと思います。 "難転" ととれることで縁起が良いとされる植物ですね。

紙製文字板にはなぜか精工舎の鍵Sの商標がありません。交換された可能性もありますが全体の状態とよく調和しています。 ゴトクは鋳造です。機械は鍵Sの大きいタイプですが地板に商標の刻印はありません。 初期の鍵Sの機械には刻印が無いのが普通です。

唐草装飾は力作 !

この植物は南天唐草 ?

商標刻印無しのMovement
(鍵Sタイプに用いられる機械)

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / ・ 次頁右向きの矢印