TIMEKEEPERのバナー

ヘソ形目覚 変形

24. 月形 赤色 【JUNGHANS】

メーカー 製造開始年 大きさ 仕様・備考
JUNGHANS(ユンハンス)
(ドイツ)
昭和初期(推定) 巾 四寸
高 二寸三分
毎日巻き、目覚付

この時計はヘソ形目覚の変形型と呼んで良いのか迷いましたが、ヘソ形目覚の機械を使っているし角形目覚とは違うし・・・ ということで、ひとまずこのコーナーに掲載します。

おにぎりのような形のケースの中にヘソ形目覚の機械を横にして配置し、鈴も機械と一緒にケース内部に納まっています。 鈴はクロームメッキではなく、黒っぽいメッキ仕上げです。 正式名称かは不明ですが、当時の広告には「月形」とあり、ケースの色は赤色と黒色があったことが確認できます。 広告の時計は目安針が文字板にありますので、写真の時計より少し若いもののようです。 (写真の時計は目安針が裏側にあるため若干古いと思われる)

機械

左の黒いものが目覚の鈴

昭和初期の卸カタログより

月形 赤色

五円七十五銭

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / ・ 次頁右向きの矢印