TIMEKEEPERのバナー

ヘソ形目覚 変形

14. 筒銅両鈴目覚 【Mauthe】

メーカー 製造開始年 大きさ 仕様・備考
MAUTHE(マウテ)
(ドイツ)
大正後期〜昭和初期 本体直径10.3 p 毎日巻き、目覚付
紙製文字板

独逸マウテの筒銅両鈴です。 シンプルな筒銅にベルが二つのると、なかなか可愛いく見えますね。

機械はマウテのヘソ目では見たことの無い地板で、大型器械でも小型器械でもありません。 テン輪が大きく、鉄ヒゲを使っていることから機械としては上等品と言えます。

文字板は、マウテお約束の非常に薄く裏に金属板もないヨレヨレの紙製です。 鈴の留めネジは写真右側のものがオリジナルです。

しっかりとした出来の機械

目覚ましのゼンマイ(左側)が外れていて、分解時に巻鍵をはずすのに苦労しましたが、 ダメージの少ない機械で、洗浄、調整、注油で元気に動き出しました。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / ・ 次頁右向きの矢印