TIMEKEEPERのバナー

ヘソ形目覚 変形

16. 正角両鈴目覚 【KIENZLE】

メーカー 製造開始年 大きさ 仕様・備考
KIENZLE(キンツレ)(ドイツ) 大正後期〜昭和初期 横幅10.3 p 毎日巻き、目覚付
金属文字板

独逸キンツレの両鈴目覚。 枠が正角で鈴がバケツ型、文字板は丸という変わったスタイルです。 ゴトクは鋳物で金色の文字板枠もやや厚みがあるので、ずっしりと重く感じます。

機械は一般的なヘソ形目覚用のもので、刻印無し。 裏蓋の内側には昭和3年と13年の修理履歴が刻まれていました。

機械

裏蓋を開けたところ。脚は固定されていて外れません。

バケツ型の鈴

どういう訳か、鈴の錆具合が左右で違います。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / ・ 次頁右向きの矢印