TIMEKEEPERのバナー

角形オルゴール/目覚/時打/両打

12. 角形目覚 桔梗印 【名古屋商事】

ボタンをクリックすると拡大





角形目覚

名古屋商事株式会社

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
名古屋商事株式会社
(名古屋)
昭和初期 高 五寸
巾 四寸三分
毎日巻き、目覚付、 真鍮蓋ニッケルメッキ側、 桔梗印

名古屋商事の角形目覚。 林時計から脈々とクロック造りをしてきた名古屋商事は、置時計の製造・販売については精工舎や高野などの国産メーカーと比べて後発で、 この時計の製造年代は昭和初期かと思います。 後発なぶん、文字板にアルミニュームやセルロイドを使ったものがカタログに掲載され、 その一部をオルゴール、時打ち(これは後のNS商標)で紹介していますが、 この時計は普通の紙文字板でデザインも昔の定番のものであり、初期のものと思われます。

ジャンク、不動品で入手したので完全分解して点検しましたが、 側の造りは特段気になる点は無いものの、自社製機械は出来が悪いのなんの。 形は悪いし仕上げは雑だし何より完全エラーレベルのものを平気で使用しています。 販売後のクレームが多く時計屋さんも対処に苦労した時計だと思います。

当時のカタログより

桔梗印 角形目覚

No.108A
ニューム支 (アルミニューム支)

昭和12年11月15日発行12月号
名古屋商事株式会社通信販売部発行

桔梗印 支三吋半 ニッケル側

No.108B 目覚 / No.108C 時打
セルロイド文字板

昭和12年11月15日発行12月号
名古屋商事株式会社通信販売部発行

PR


左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / ・ 次頁右向きの矢印