TIMEKEEPERのバナー

ヘソ形目覚 BABY ALARM(舶来)

13. ヘソ形目覚 【CARL ROHDE & CO】

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
CARL ROHDE & CO.(カール ローデ商会)
(ドイツ)
明治後期〜大正(推定) 本体直径11.0 p 毎日巻き、目覚付
真鍮胴ニッケルメッキ枠(Brass Case Nickeled)
紙製文字板(商標はCR & CO.の王冠マーク)

カール ローデ商会という独逸の貿易商が販売していたヘソ目です。
あまり販売されなかったのか、時代が古いので残っていないのか、兎に角はじめて見ました。
文字板の商標は冠のような形で中"CR & CO."とあります。 鋳造ゴトクに"MN"という大きな刻印がありますが、意味はわかりません。 機械はドイツ製らしく大きな天輪がついており、やや甲高い音でしっかりとしたリズムで時を刻みます。

この時計、入手したときは鈴が鳴り終ると時計が止まるという状態でした。 このタイプの故障はヘソ目によくありますが、巻き止めの凸の先端が折れたためにゼンマイが解け過ぎて、時間の方の三番車を 圧迫するためです。折れた部分は半田付けしてもまたすぐに折れてしまいますので、代替の部品を探して交換をしてください。

後ろ姿

文字板アップ

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / ・ 次頁右向きの矢印