TIMEKEEPERのバナー

ウラビー Ura-Bee

14. EIKOSHA 2 1/2 裏B目覚台付 【英工舎】

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
株式会社鶴巻時計店英工舎
EIKOSHA
昭和25年 本体直径7.4cm 毎日巻、 目覚付、 真鍮枠ニッケルメッキ、台付

時計自体は前頁のAと同じものですが、2本の脚の代わりに大きめの台座が付いたタイプです。 時計と台座はネジ一本で固定しているため、ぐらぐらして安定しないあたり、突貫工事的な製品の印象です。

台座の裏側には「1950年国勢調査記念」の彫り文字があります。 1950年(昭和25年)は、ドッジ不況によりデフレが進行し、時計メーカーの淘汰が進んだ年。 英工舎も不況の波に揉まれて、この年に幕を下ろしています。

機械

ボタンをクリックすると拡大




機械は埃と錆が多めだったため、全部ばらしてひとつ一つ部品を清掃しました。 写真では、まずテンプを取外し、次に時方のゼンマイを八割程度の巻き加減にしてから、分解時にびよーんと解けないようにナイロンコードタイで固定、 その後アンクルを取外してゼンマイを解放、そして地板を外しています。 打方のゼンマイはビー程度のものであれば、細くて弱いので、あまり気にせずバラしてしまいます。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / ・ 次頁右向きの矢印