TIMEKEEPERのバナー

ウラビー Ura-Bee

16. TAM-TAM 【KIENZLE】

TAM-TAM

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
KIENZLE
(ドイツ)
昭和初期頃 本体直径7.2cm 毎日巻、 目覚付、 真鍮枠ニッケルメッキ、 紙製文字板、 七円

この時計は、昭和初期の吉田時計店のカタログに載っていますので、東洋時計と一緒に販売されていたようです。 枠は、ニッケルメッキの他に、赤と黒があり、文字板も夜光と夜光ナシのタイプがあります。

写真の時計は、ニッケル夜光ナシです。
鉄製の裏蓋がかなり錆ていますが、 真鍮ブラシで錆をゴシゴシ落としたらキンツレのトレードマークの刻印がでてきました。 機械もひどく錆びていて、おまけにアンクル体が折れていました。大昔に腕の悪い時計屋さんにいじられたのでしょう。 錆を落して、アンクルはハンダ付にて回復。 とりあえず生きかえりましたが、なにしろご老体なのと、私のアンクルのハンダ付けがイマイチだった(アンクル体の長さが若干短くなってしまい振り切りをおこす)こともあり、 半日に一回くらい休みがほしくなるようです。 一番下にあるのが時方の鍵なのですが、この位置は巻きづらいですね。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / ・ 次頁右向きの矢印