TIMEKEEPERのバナー

ウラビー Ura-Bee

15. ニッケルウラリン目覚 【東洋時計】

ウラリン 黒エトウ夜光

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
東洋時計
TOYO CLOCK
戦前戦後 本体直径7.4cm 毎日巻、 目覚付、 真鍮枠ニッケルメッキ

この時計は見かけるものの多くは戦後のものですが、戦前から存在しています。 当時のカタログを見ると名前は「ニッケルウラリン目覚」となっています。

大きさは、精工舎のウラビーよりやや大きくて外径7.4cm、 機械の打方の輪列は、次頁のキンツレTAM−TAMと同様に時方と一緒に配置されています。 機械をケースに収める向きもTAM−TAMとほとんど一緒で、緩急針の向きが違うくらいです。

ちょっと古めの夜光文字板タイプ

資料提供:かわせみさん

当時のカタログ

ボタンをクリックすると拡大





東洋時計カタログ No.550

昭和11年4月25日発行

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / ・ 次頁右向きの矢印