TIMEKEEPERのバナー

金枠・石枠・陶器・木枠ビー置時計

14. プロペラー 【東洋時計】

No.239 東洋時計 プロペラー クロームスタイル

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
東洋時計
(東京)
昭和11年頃 高 三寸一分
幅 九寸七分
東洋一日巻B機械(アラーム無し)、クロームスタイル

飛行機のプロペラを模った時計です。
昭和11年は外国技術を消化・吸収し小型・軽量・高性能の優れた発動機が生まれ軽戦闘機の最高傑作 九七式戦闘機が作られていた頃。このプロペラはどんな飛行機のものなのでしょうか?

この時計は、二十世紀我楽多図鑑(1998年 北原照久著)で戦後1950年代・アメリカ製と紹介されていますが、 実は日本の昭和10年頃の東洋時計のれっきとした国産時計です。 値段は10円80銭。大衆品のヘソ型目覚しが4つも5つも買える値段です。高級品だぁ〜。
文字板にトレードマークやメーカー名が無いので間違えても仕方ないかと思いますが、 機械は東洋の汎用的なB機械なので、チェックすればわかるハズです、北原さん!!時代もインチキだし〜(笑)
国籍不明機になっては可哀想と、このページで復権となりました。

昭和11年 吉田時計店商報より

クロームスタイル

No.239 プロペラー
十円八十銭

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / ・ 次頁右向きの矢印