TIMEKEEPERのバナー

気圧計 ANEROID BAROMETER(海外)

4. ラック・アンド・ピニオン式 壁掛け気圧計

資料 1

Rack and pinion movement Wall Barometer

直径 16.5cm
推定1890年代

ラック・アンド・ピニオン式の機械が入ったとても古そうな気圧計。 機械はおそらくフランス製で製造年代は1890年代頃と思われます。 機構が単純なため、精度は別として今でも動作しています。

French Rack and pinion movement
of heavy quolity metal, c. 1890.

ガラスを外した状態

文字板は金属製で、気圧はミリとインチの両方の目盛りがあります。 下には、赤液の華氏温度(Fahrenheit:ファ−レンハイト)と水銀の摂氏温度計が付いています。

資料 2

ボタンをクリックすると拡大





紙製目盛盤

外径 14.0cm

こちらもフランス製と思われるラック・アンド・ピニオン式の機械ですが、より精巧な透かし彫りのデザインが目を楽しませてくれます。 目盛盤は紙製で目盛は数字のみとシンプルかつチープです。 ケースは真鍮製ですが板に繋ぎ目のある古い作り方をしてあります。

ボタンをクリックすると拡大





French Rack and pinion movement
with more elaborate fretwork design, c. 1890.

ボタンをクリックすると拡大




Dial & Case

資料 3

紙製目盛盤

外径 12.5cm

目盛盤に嵐大、雨風大、雨・・・と漢字表記がありますが、資料2より若干古い同系の機械でおそらくフランス製です。 ケース裏には商標らしき刻印がありますが、メーカーは不明です。 金属製のケースはもともとはクロームメッキだったようですが、錆や腐食で如何にもアンティークらしい雰囲気です。 ラック・アンド・ピニオン式の機械は、上の機械よりもしっかりとした出来で、今でもちゃんと動作しています。

French Rack and pinion movement

中の機械は良いコンディションでした。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / ・ 次頁右向きの矢印