TIMEKEEPERのバナー

時の記念日

14. 時計儀便覧 全 日時計付(明治中期)

時計儀便覧 全 日時計付

編述出版人、山鹿芳弼
明治18年、木版、折本仕立て
14.3x10.2cm(一枚大版 28x60cm)

前述の時計便覧と同じような趣旨で発行された小冊子。 出版されたのは明治18年11月であり、明治6年の改暦からも10年余もたっているのにまだこのような啓発本が次から次へと出ていたようです。 旧暦がいかに根強く残っていたかを窺わせます。

西洋時計の使い方が述べられ、日時計が付いています。三角板云々とありますので、日時計用の三角板が付いていたのかも知れません。

時計儀便覧

仰も時計儀は昼夜間の時刻を測る具にして人々必用欠くべからざるの器なり・・・

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / ・ 次頁右向きの矢印