TIMEKEEPERのバナー

時の記念日

3. 漏刻説と漏刻図

天智天皇の漏刻の図

1972(昭和47)年に始まった 飛鳥明日香(とぶとりのあすか)村・水落部落の発掘調査で、 日本書紀の古代の水時計・天智天皇の「漏刻」と見られる遺構が発見され話題となりました。 日本書紀に記された、天智天皇の漏刻の姿は1732(享保17)年、櫻井養仙の「漏刻説」の中で、図が載っています。

「漏刻説」櫻井養仙著

1732(享保17)年

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / ・ 次頁右向きの矢印