TIMEKEEPERのバナー

時の記念日

7. 西洋時規定刻範(江戸後期)

西洋時規定刻範

江戸後期
14ページ木版、12.7x7.5cm

西洋時計の見方の図版はウオッチが多い中、こちらはヨーロッパあたりのクロックの文字板で対照表を図解しています。 やはりこれも、西洋時計が早くから入っていた事を思わせる、小冊子です。

近世文物盛りにして、西洋の時規の類、舶来やや多く
年々奇巧を極め、世に専ら珍翫す、しかれどもその
盤面に記すところ、元来左起横行にして、その国字を解し
得るにあらざれば、刻数を窺い知ること能わず、依って
この定刻範の用法を以って、毎季節中にあたりてその
差移に従う時、密合するに近しといはむか

西洋文字は横書きで分かりにくく、その国の文字が読めないと文字板も理解できないのでこの対照表を参考にしなさいという事でしょうか。 季節によって不定時法とどのくらい違うかという事を赤字を昼、黒字を夜で図示したものです。

ボタンをクリックすると拡大







頭飾りのキューピットフギュアがふんどしかつぎの様な怪しげな太目で可愛くありません・・(笑)

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / ・ 次頁右向きの矢印