TIMEKEEPERのバナー

ヘソ形目覚 BABY ALARM(国産)

14. ヘソ形目覚 【東洋時計】

ボタンをクリックすると拡大





ヘソ形目覚

東洋時計

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
東洋時計
(東京)
戦前戦後 最大直径12.5 p 毎日巻き、目覚付
真鍮胴ニッケルメッキ枠、 紙製文字板

ニッケルメッキのケース、紙製文字板、ブルースチールの針と一応お約束は守っていますが、新しさを感じヘソ目終焉の頃の製品と思われます。 裏蓋はニッケルメッキで、鍵などの説明は従来のような"ALARM","HANDS","TIME"ではなく、それぞれベル・針・時計のマークになっています。 錆びて判り難くなっていますが、上のほうに段がついているベルもこの時計の特徴です。

機械

刻印なし機械

機械はヘソ目にしてはやや小さめのものが入っていて、東洋独特のゼンマイ(柱に引掛けないタイプ)が使われています。 裏蓋には昭和26年の修理履歴が書かれています。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / ・ 次頁右向きの矢印