TIMEKEEPERのバナー

時計絵葉書

20. 「時は金」置時計

時は金

明治末期から大正初期の私製絵葉書(日本絵葉書倶楽部謹製とあり)の置時計です。 置時計はネズミ先輩が鐘をついているからくり時計?です。 時計がエンボッス(空押し)になった凝った絵ハガキです。

時計に「時は金」と有り、12時を打ってます。 ネズミ先輩がゆく年くる年を寿いでいるようです。 ネズミは富と繁栄の象徴といいますから、年賀葉書用に作られたものかもしれません。

宛名面

日本葉書倶楽部謹製

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / ・ 次頁右向きの矢印