TIMEKEEPERのバナー

変形型 掛時計

17. ファンシークロック 【ミケン】

MOVING EYE ANIMAL CLOCK

MI-KEN

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
御研機器株式会社(茨城県石岡市) 昭和30年代〜40年代 全長25cm 分銅引き、毎日巻き、目動き

ミケンは、鳩時計から始まり、その後この目玉が動く動物の掛時計を中心に販売していました。 初期は木製で、その後プラスチック製となり、当時のミケンのカタログにギフトクロックとして21点を掲載されているそうです。 (参照元:アンティーククロッククラブ ACC)

これはフクロウの板が分厚い紙で、かつ目玉がピンポン玉でない印刷の「うちわ」です。 ミケンの目玉が動く時計の中で一番安かったものかも知れません。 機械は極一部を除き鉄製。しかしアンクル竿はプラスチックです。 地板の下辺左に2段で、"MADE IN JAPAN MIKEN"とあり右に同じく2段で、"NO JEW" と "UNADJUSTED"とあります。

文字板

MI-KEN

MIKEN CLOCK MFG. CO., LTD.
MADE IN JAPAN

機械

刻印

【左】"MADE IN JAPAN MIKEN"
【右】"NO JEW" "UNADJUSTED"

小売店頒布品の温度計

MI-KEN

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 /