TIMEKEEPERのバナー

変形型・特殊機構 掛時計

14. 富士印特許掛時計

富士印特許掛時計

Fuji
PATENT CLOCK

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
富士時計製造工場(名古屋?) 大正期(推定) 文字板六吋、全高52cm 打方調整器付、八日巻機械

富士時計製造工場製で、打ち数をすぐに変更できる実用新案付です。 文字板のマークは業界マーク集によると、大阪の藤田栄一商店が、富士掛時計として出ている物と同じです。 しかし、富士時計製造工場はどこを探しても出て来ません。 愛知時計組合の小さなシールが貼ってあることから、大正時代の名古屋のメーカーではと推定できます。

アイディアの味噌は、打ち方の2番車にある数取り車を駆動する歯車を遊動させたことにあります。 カマを持ち上げると、数取り車を反時計周りに自由に動かせますので、 調整板により時間と打方の数を直に合わせることができるのです。

文字板はセルロイドで、本体の長さは52cmです。横丸窓付で機械が見えます。

背面ラベル

富士印特許掛時計の特徴

実用新案第二二六五五号
時計と打方の不一致の場合在来の時計の如く突上又は十五分戻式
の方法に依り一時間毎に打方機を作用せしめず調整板に依り直に
時間と打方とを合致せしめ得らる・・・ 富士時計製造工場

愛知県組合ラベル

機械

ボタンをクリックすると拡大



打方調整器付機械

実用新案第二二六五五号

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / ・ 次頁右向きの矢印