TIMEKEEPERのバナー

数回打目覚時計 : INTERMITTENT

6. 数回打切り替え式 【明治時計】

数回打 四吋

MADE IN OCCUPIED JAPAN


メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
明治時計製造合資会社
(名古屋)
昭和21〜26年頃 本体直径12.3cm
四吋紙製文字板
毎日巻き、目覚付(間欠切替式)、 色胴又は真鍮にメッキケース、 裏蓋は鉄製、 紙製文字板

前述の愛知時計と同じビッグサイズで迫力満点の明治時計数回打切替式 「REPEAT ALARM」。 紙製文字板の六時下あたりに MADE IN OCCUPIED JAPAN とあります。 側は色胴(アルマイト)と、ごく一般的な真鍮にクロームメッキの金属枠の2種類があります。 色胴は画像の「濃青」「深緑」のほかに「クリーム色」「レンガ色」を確認しています。

裏蓋の鍵を巻く方向などの刻印の様子から想像すると、色胴のものがより古い時代のようです。 と言っても、何れも OCCUPIED JAPAN とありますので時代は昭和21〜26年頃です。

真中の深緑色の時計は、針がオリジナルではありません。

単打 四吋

Meiji 単打

MADE IN OCCUPIED JAPAN
昭和25年 前橋市 国勢調査記念

文字板

単打機械

裏蓋

国勢調査記念 前橋市 昭和25年

この時計は数回打でない単打モデルです。

当時のカタログ

4吋 目覚時計

明治時計カタログより(戦後)

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / ・ 次頁右向きの矢印