TIMEKEEPERのバナー

数回打目覚時計 : INTERMITTENT

12. 数回打目覚 MUSE  【今津時計】

メーカー 製造開始年 大きさ 仕様・備考
今津時計ブランド、機械は高野金属品製作所(名古屋) 昭和初期 直径11.0 p 毎日巻き、目覚付(間欠式)、 真鍮胴ニッケルメッキ枠、 紙製文字板(MUSE印)

MUSE印(ムーゼ印)は名古屋の今津時計のブランド。機械は高野のOEMです。 高野には間欠式ベルは存在しないと思っていたのですが、あったんですね。

ヘソ目の機械に簡易的な間欠ベル機構を取り付けてあります。 間欠とロングアラーム(間欠でない通常の鳴り方)を切り替えるレバーはありません。 リン台は普通は鉄ですが、これは真鍮。金属枠の塵除けの切欠きも手作業でかなり適当に仕上げてあり、 たくさん製造した製品とは考え難いです。

置時計を製造していた高野金属品製作所は、昭和10年に高野精密と改称し、 昭和11年には海軍の兵器受注増大に伴って置時計の生産をやめています。 この時計は、このあたりの事業変化の影響で、結果として少数生産にとどまった時計ではないでしょうか。

機械

リン台をはずした状態
刻印無し

簡易的な間欠機構

文字板側
文字板は左右二箇所の釘止め
(ヘソ目と同じやり方)

リン台(真鍮製)を取り付けた状態

リン止めの日本語表示

ナル , 止ル

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / ・ 次頁右向きの矢印