TIMEKEEPERのバナー

時計引札

12. 冬物最新流行 銀座尾張町交差点

銀座尾張町交差点 引札

大正初期、石版色摺印刷、26×38cm

冬物最新流行・・とありますので初冬の夕暮れの買い物帰りの奥様とお嬢様です。 夜景に映える見覚えの時計塔や向かいのビルは、東京名所絵ハガキでおなじみ、服部時計店と山崎高等洋服店です。 銀座尾張町交差点をモデルに夜景の美しさをうまく表現しています。

左の空白は商店名が入る予定の場所で、これは引札見本帖からのはぐれです。

左の時計塔のある建物が服部時計店。
右の洋風の3階建て店舗が山崎高等洋服店、山崎末吉氏が明治38年に中央新聞社を買収して開店した。 大きなショーウィンドウが目を引く。

明治35年 銀座四丁目の地図

が服部時計店。赤が山崎高等洋服店になる前の中央新聞社。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / ・ 次頁右向きの矢印