TIMEKEEPERのバナー

時計引札

17. 腕時計美人画

資料1 にっこり和装美人

美人画 和装 時計引札

52×38cm、石版印刷
昭和初期

大型引札の見本刷りです。 美人画も大正から昭和のモガの時代になると女性も明るく、にっこりと歯を見せて微笑んできます。 女性の自立をうかがわせるポーズですが和装でありながらちゃんと腕には腕時計が煌めいています。 腕時計はモガには必須のアイテムですが意外と美人画には描かれていません。デコな窓枠が時代を感じさせます。

腕時計は八型か九型くらいの大きさのスイス製金時計でしょうか。

資料2 スキーリゾート

美人画 スキーリゾート 時計引札

52×38cm、石版印刷
昭和初期

こちらも大型引札の見本刷りで、商店名などの文字は入っていません。 シチュエーションがスキーリゾートらしく左下にはスキーヤー、モデルはにっこり笑って顔に指を添えてポーズを取っています。 当時流行の定番ポーズです。 リアルな襟巻と和装でありながらお洒落なグローブのリストにはチラリと腕時計が見え隠れします。

和服に腕時計が普及し始めた時代の日本のモダニズムが2枚の引札に良く表れています。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 /