TIMEKEEPERのバナー

スイスの時計産業

研究

時計会議所は、Laboratoire Suisse de recherches(スイス研究所)の管理委員会、Soc. Suisse de Chronometrie(スイス時刻測定協会)、時計辞典、 Information Horlogere Suisse(スイス時計公報所)に関係しており、主要連合体は原子炉会社、原子炉研究所、Centre electronique horloger(電子時計センター)及び 最近設立された宇宙研究協会に関係している。 この意味するところは、ロケット研究や電子工学の新しい科学・技術の中で数百年続いた古い伝統を踏まえながら時計産業も独自の役割を演じようと望んでいることである。 その役割とは、"Miniaturisieren" 微細化、即ち特別にエレメントの微細化を計ろうとするものと考えれば大体当っているだろう。 研究はただ組織体だけが行っているのではなく、有名な幾つかの大会社もまた行っている。 たとえば現在ジュネーブの有名な会社 Pateck Philippe社は、ストロンチュウム90を使用して自社で開発、なお試作段階にある原子時計を宣伝にカナダに送っている。 その大きさは、微細化のお陰で大型目覚し時計程度のものである。

ノイエンブルクのCentre Electronique Horloger (電子計算センター)に、FH,エボーシュ,UBAH,それに恐らくはロスコップ連盟が共同で設立したもので、 スイス時計研究所の補充施設とでも云うべきものである。 所長にはスイス電子工学研究家、ウェリンガー博士が迎えられた。 ウェリンガー氏は15年間アメリカで、最初はイリノイ大学の教授として、ついでジェネラル・エレクトリック社の研究所長として電子研究に従事した人である。 彼は電子時計の共同研究を行うために時計研究所と技術研究所との融合を目論んでいる。 彼自身の研究は、彼と一人の時計技師と一人の電子専門家と一人の応用物理学専門家とから構成されている。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 /