TIMEKEEPERのバナー

スイスの時計産業

スイス時計産業の構造

歴史的回顧

スイスの時計産業の歴史は400年前に遡る。 その遥籃の地は宗教改革者カルヴィンのジュネーブである。 彼の教えは贅沢に罪悪の刻印を押した。 かくてジュネーブに栄えていた装飾品工業は死刑を宣告されたのであるが、この工業にたづさわっていた手工業者たちは、 もしその替りに小さな時計という新しい発明品が提供されなかったならば、失業したに違いない。 この時計工業はいかなるギルドの拘束からも離れて自由に成長し、最初から分業を採用し、 部品の制作はヴァートに至る田舎の小規模な手工業者にまで割り当てられた。

この徹底した分業化はスイス時計産業の独特な特徴として今日に至るまで続いている。 ジュネーブのこの時計製造業者と販売業者に対し18世紀に初めて当時はプロイセンの支配下にあったノイエンブルク州に新しい競争相手が生まれた。 ここでも分業方式が採られ、ジュラ山脈の谷間の貧しい百姓たちにも副業が与えられた。 ナポレオンの支配は、特にその大陸封鎖によって、隆盛を極めた時計産業に沈滞をもたらした。 フランスの桎梏から解放された1815年以後、国家が保護措置を加えたことがあるが、これは失敗に終わった。

既に自由貿易の時代が始まっていたのであり、これは一面時計産業に対し強力な飛躍をもたらすと共に、多面また多くの危機をももたらすことになったのである。 スイス時計は世界的に有名となり、その生産地は発生地であるフランス系スイスの諸州を越えてドイツ系スイスまで伸び、ベルヌ地方のジュラ山脈、バーゼルラント、 シャフハウゼン、又その支脈がテッシンにまで拡がった。 ピールとその周辺はスイス時計産業の中心地となった。 百年前までは純粋なドイツ語系であったピールはフランス系時計会社とその従業員の移住によってフランス語が主に用いられる2ヶ国語系都市に変った。

第1次対戦後、交代が生じた。自由貿易の風潮は衰え、企業連合の方式が国家権力の介入と共に拡がっていった。 第1次大戦後の3年間時計産業は短い盛況を経験するが、やがて手ひどい危機に見舞われた。 かくて自衛手段として組織的な企業連合が発生した。

第1図を見れば過去40年の間にカルテルや企業組合及びその下部カルテルや下部組合などの網目がどのように密接に織りなされていったかが判るであろう。 時計産業に関する新条例が表現している改革を理解するには、在来の形態をかなり詳しく分析してみる必要がある。 なぜなら基本構造においては何ら変わっていないからである。

第1図 スイス時計産業のカルテル、金融的統合、組合相互の連繋の図式

企業連合

3つの連合体が頭にあり且つ中核をなしている。 F.H(Federation Suisse des associations de fabricants d'horlogerie スイス時計製造業者連盟)は1924年ビールに設立された。 会員は6つの地区に分かれている。

つづいて1926年末にには2番目の連合体としてEbauches S.A.が創立された。 この創立者は当時スイスにおいて素材加工の80%を行っていた重要な素材加工工場3社---即ち Fontainemelon S.A., A. Schild S.A., A. Michel S.A.であった。 エボーシュ社は12百万フランの資本金をもって、素材の価格安定を計るための持ち株会社としての役割を果し、一方ではアウト・サイダーの株を買い集めた。 エボーシュ社の目的は漸く1934年以降、国家が緊急措置の一環として時計工場の新設には許可が必要であることを決定し、 1936年連合体が規定している最低の協定価格は一般的拘束力を有するものであることを認めた時に達せられた。

第3の連合体は1927年に設立された Union des branches annexes de I'horologerie(UBAH=部品製造者連合)である。 その会員は部品毎にグループを作り幾つかの系統に分かれている。 この3つの連合体,FH,エボーシュ及びUBAHは一つの協定によって結ばれており、FHはエボーシュとUBAHから製品を調達し、 エボーシュは特定の部品をそれに該当するUBAHの系統社から購入するのである。

このほかに1939年になって初めて設立されたスイスRoskopf時計工業者連盟,通称ロスコップ連盟(訳註,ロスコップはいわゆるダラー・ウオッチ)があり現在に及んでいる。 その会員は必要な素材の一部をエボーシュで調達している。

しかしこのような純粋に私法的な連合協定は1930年以降の不況の年になると次第に不十分であることが判ってきた。 20年代にできた最初の連合体間の協定の一つである「シャブロナージュ協定」は失敗に終わった。 (Chabloneは時計の図面付部品一そろいでこの組立には特別な手工業的技術が要求される。 Chablonnageとは時計専門用語でシャブローンの輸出を意味する。これによって国内における労力を省こうとしたのであるが、 外国ではこの組立が適切に行われなかったためスイス時計の評判を傷つけることになった。)

1930年時計界の「基本産業」、即ち素材と「調節部品」(脱進機、テンプ、ヒゲゼンマイ)産業を資本面で集中し、 アウトサイダーから仕事を取り上げるために連合体と関係官庁の間に協議が行われた。 なぜなら新しい会社を設立するには莫大な資本と技術的知識を必要としたからである。 かくしてスイス独特の連合体として、全時計産業の利益を代表する基本産業トラストが計画された。 実際には単に超持株会社の形が考えられていたのである。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 /