TIMEKEEPERのバナー

戦前戦後

5. A コロナ 【精工舎】

A CORONA

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
SEIKOSHA
昭和30年台前半頃 幅 10cm 毎日捲き、金属塗装文字板(夜光)、凸硝子

さらに進化したコロナと思われますが、資料がなく「A コロナ」のAの所以がわかりません。 凸硝子の形状が緩やかなカーブに変更になっています。 おそらく倒れた時に硝子が割れにくくするための改良と思われます。 文字板は、数字の部分(銀色の部分)が盛り上がっており、立体的で高級感があります。 この時計から裏の鍵類がプラスチック製になりました。 取っ手も二点支持に変更されています。

後ろ姿

当時の広告より

日本堂商報 発行年月不明

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / ・ 次頁右向きの矢印