TIMEKEEPERのバナー

丸型(グレシャム,トーマス)

7. 二十六吋丸 【愛知時計】

ボタンをクリックすると拡大




No.458 26吋トーマス

mahogany finish wooden case

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
愛知時計電気
AICHI TOKEI(名古屋)
大正末〜昭和30年代 Dial, 26 Inch. 8 Day Strike

文字板の大きさが26吋、時計全体の直径は90センチ近くもある愛知時計の大型トーマスです。 戦後20年代後期から昭和30年代の輸出用カタログに掲載されていますが、 機械が八日巻きであること、また時計の内部に下記の書き込みがあるため、戦前から製造されていた可能性もあります。

「大正14年 愛知時計製造 33吋トーマス型
昭和20年 ナゴヤ車道 東海銀行空襲に備へ疎開
車道の古道具屋が1500円で引受け ○○(前所有者)が1800円で求めた」

所有者の書き込みの33吋とは、時計全体の大きさを言っているようです。 文字板自体は直径が約68.5cmなので、カタログではDial 26吋の製品となります。 大型なため、硝子縁を持ち上げた状態で固定するためのストッパーが付いています。(写真四枚目) 八日巻き機械の打方は精工舎の特製機械と同様で、正時は渦巻き鈴、半時はベルが鳴ります。

ボタンをクリックすると拡大




ビートスケールと振子

SPECIAL CLOCK
AICHI TOKEI DENKI K.K.
MADE IN JAPAN

当時のカタログより

No.458

Round official wall clock, 8-day, Hour & 1/2 hour
strike, in mahogany finish wooden case.
Size: Dail: 26inch

愛知時計輸出用カタログ

(戦後20年代後期から昭和30年代)

ワク井商報 昭和28年

No. AC 458

愛知時計 大正末から昭和初期のカタログ

トーマス形とグレッシャム

針の形状は似ていますがトーマス形には小秒針がありません。また、大きさは24インチまでしか掲載されていません。 (ほかの名古屋物も同様のようです) この時代はケース枠が広いようです。

写真提供:wai-wai さん

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / ・ 次頁右向きの矢印