TIMEKEEPERのバナー

レディース腕時計

16. MOERIS アール・デコ

ボタンをクリックすると拡大




MOERIS diamond watches

メーカー 製造年代 主な仕様
MOERIS
(スイス)
昭和初期 手巻き、15石、プラチナ、ダイヤ14個入り

三角形が連なった可動式のラグ、時計本体はプラチナ枠で小粒のダイヤ12個と大きめの三角のダイヤが2個、 アール・デコの華やかなウオッチです。革ベルトも当時のからのオリジナルのようで、留め金の金属部分はホワイトゴールドK12です。

時代は1930年代。この時代は精工舎で国産腕時計の販売開始後間もない頃で、一般的なニッケル枠の腕時計の値段は13円〜15円程度でした。 これが、金(ゴールド)の枠になると目方のたいしてないペラペラ枠のものでも30円くらいになり、ダイヤ入りとなると150円、200円、 中には900円などとすごい値段のものもありました。 この時計は、機械がモーリスなので、超高級というものではありませんが、それでも2つの三角形のダイヤの大きさは大変立派です。 おそらく200円くらいしたのでは?と想像しています。

ボタンをクリックすると拡大




MOERIS 15jewels

機械は15石のものを搭載しています。そして当時の箱が残っていました。 名古屋栄町の柏本店とあります。デパートか、時計屋さんでしょう。

こちらはジャンク

MOERIS 15jewels 3 3/4

ほぼ同年代ですが、こちらのほうが少し後年かもしれません。 プラチナ950、ダイヤ無しです。

当時のカタログ

服部時計店 腕時計カタログ

昭和初期

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 /