TIMEKEEPERのバナー

時計店の備品、他

7. 英工舎のノベルティナイフ

英工舎 : EIKOSHA

英工舎 昭和11〜12年頃
写真の状態で長さ7cm
TRADE TSU MARK
優良  国産
時計は英工舎

示時正確
体裁優美

センター
アジア
スヰール
ラッキー

英工舎の腕時計の広告の入ったなかなか珍しいナイフです。
画像では大きく見えますが、横幅7cmなので実物は小さく感じます。 同様なもので精工舎も存在します。ナイフそのものの材質はステンレススチールです。
英工舎が腕時計の生産を開始したのは昭和10年ですので、このナイフが作られた時代は昭和11〜12年頃と思います。 戦後の英工舎を代表する腕時計「プリマ」の名が無いことから、戦後のものではないでしょう。

スイールは防水仕様?

英工舎(鶴巻時計店英工舎)の戦前の腕時計は、トンボの本を見ると「アジア:ASIA」「センター:CENTER」「オルター:OLTER」が 写真で紹介されており、「ステール」呼称製品があるようだが未確認とあります。 しかし、このナイフをみると「ステール」ではなく「スイール」であり、そのほかに「ラッキー」も存在したことがわかります。
ところで、「スイール」ってなんだろう?どんな綴りなのだろう?と気になり、昭和10年代に発行された英和辞典を調べてみました。 なるほど、「SEAL」なんですね。もしかしたら、防水タイプの腕時計なのかも知れません。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / ・ 次頁右向きの矢印