TIMEKEEPERのバナー

日本時計 NIPPON CLOCKS

1. スリゲール 【日本時計】

文化スリゲール

MADE IN OCCUPIED JAPAN

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
日本時計
(岐阜県関市)
昭和24年 全高 44cm
幅 24.5cm
一週間巻き、 木地塗ケース

戦後に創業を開始した岐阜県関市(当時の関町日ノ出町)の時計メーカー。 シンプルな八日巻きスリゲルで同社を代表する「中三針掛時計」が出来る前の、創業初期のものです。

文字板には "MADE IN OCCUPIED JAPAN" とあり、これから昭和22〜27年のものとわかりますが、 販売時のものと思われる時計店のシールがありましたので、昭和24年12月10日販売とわかりました。 オキュパイドものは、地板にアルミを使ったり、振玉が陶器や硝子だったりと代用品が使用されているものが多いですが、 この時計はそのような代用品を使用していません。質素ですが木枠もしっかりとした出来です。

文字板

ボタンをクリックすると拡大




文字板の各部

12時下の商標は22年〜25年に使われていたタイプ

機械と振子

ボタンをクリックすると拡大





一週間巻機械

地板に商標刻印あり

その他、各部

ボタンをクリックすると拡大




鶴岡 日進堂

昭和24年12月10日

販売されたのは昭和24年のようですが、時計が作られたのは同年かあるいは昭和23年の可能性もあるか?

生まれ故郷へ・・・

この時計は、2012年4月1日(日)〜 5月13日(日)に岐阜県博物館で開催される 第1回展示「NIPPON CLOCK 展 〜関で生まれた古時計 100台〜」に寄贈させていただきます。 百台+αの仲間と仲良く、達者でな〜

企画展パンフレット

PR




1 / 2 / 3 / ・ 次頁右向きの矢印