TIMEKEEPERのバナー

木製置時計

8. 木枠イギリス焼絵入 【高野金属品製作所】

ボタンをクリックすると拡大





木枠イギリス焼絵入

高野時計 T.O印

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
高野金属品製作所
(名古屋)
大正期? 高さ18.5cm 毎日巻き、木製ケース、焼絵入り

正式名称はわかりませんが、東洋時計ではイギリスと呼ばれている形です。 木枠の正面に焼絵彩色の風景画が有ります。焼絵は大正時代から子供用にの羽子板なとせに用いられた技法です。 どこを描いた絵であるのかはわかりませんが、木枠の内側に鉛筆書きで「〇木帝国」と読める文字がありました。

ボタンをクリックすると拡大





文字板にはメーカー名無し

文字板表面はセルロイドのようで数字は薄れています。もともとはもっとハッキリとしていたと思われます。 裏側には全面に厚い金属板があり、三箇所穴が開いていてそこへ機械の脚を差し込み、文字板を少しひねるとカチッと固定されます。 クサビで固定したり薄いブリキ板の脚を折り曲げたりする方式ではないので修理する際には良い構造です。 ガラス縁は金属製ですが、面取ガラスの密着性を上げる為に木製のような薄いスペーサーが入っています。これも丁寧です。 木枠の裏には「時計蓄音機眼鏡 座間時計店」のシールがあります。

機械

ボタンをクリックすると拡大




毎日巻き機械

二箇所に菱形にT.O刻印あり

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / ・ 次頁右向きの矢印