TIMEKEEPERのバナー

明治時計株式会社

1. 八角合長ライオンM印(明治時計 初期)

文字板の商標

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
明治時計製造合資会社
(名古屋)
明治30年代前半 高 48cm
文字板八吋
八日持、打方付、 ペイント文字板、 掛け金木ネジ一本タイプ

明治時計の比較的初期の製品と思われます。
文字板は、ペイントでオリジナル。ライオンの前垂れに「M」の印の商標です。 明治時計製造合資会社は菱にMCが代表的なマークですが明治41年7月9日に登録されていますので、 これはそれ以前の明治30年代の商標と思われます。 また、背板に愛知時計製造組合等のラベルが貼られいた形跡が無いことから、明治36年以前と見られ、 製造年代は明治30年代前半と推測します。

振子室ラベル

EIGHT DAY PENDULUM
OCTAGON
CLOCK
TRADE ライオンM印 MARK
Manufactured by
MEIJI TOKEI SEZO GOSHIKAISHA
Nagoya Japan

機械

古いタイプではあるが、おそらく入れ替えられている
(時打の打金の位置を不自然に調整している)

振子と掛金

裏が縦長方形

掛け金

木ネジ一本タイプ

情報提供 : Y.Kさん

PR




1 / 2 / 3 / 4 / 5 / ・ 次頁右向きの矢印