TIMEKEEPERのバナー

グランド(GRAND SEIKO)

4. Grand Seiko Calendar Cal.62 Automatic

資料 1

GRAND SEIKO Calendar

Cal No.6246

メーカー 製造年代 主な仕様
セイコー
(諏訪精工舎製)
1967
昭和42年
Cal No.6246
39石、自動巻き、日付・曜日つき
テンプ振動数 5.5振動
SS、50m防水スクリューバックケース

グランドセイコー初の自動巻で生産期間は極めて短く1年程でした。 62セイコーマチッククロノメータとほぼ同一仕様で、防水やGSマークはありません。 自動巻きであることをデザイン上で強調するためにリューズが目立たないように4時の位置にあります。

ケースの一部にはヘアライン加工が施されていますがバフがけしたものは全体がツルツルになっていたりします ので購入時は注意してください。
この後のグランドセイコー自動巻はすべてハイビートになります。

ハイビート

昭和30年代まではテンプの振動数が5(1,8000回/時)あるいは5.5振動だが、昭和40年代になると精度向上のために テンプの振動数を8〜10(3,6000回/時)振動に高速化したハイビートが流行した。

資料 2 ライオンマーク付

6245は35石で曜日無し

ライオンマークでケースナンバー#9000

裏蓋がライオンマークの62GSが少数ですが存在します。
初期型がライオンマークでその後GSマークになったと思われます。
この時計のシリアルは、"6Dxxxxx"で、上の写真のGSマークのものは"71xxxxx"です。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 /