TIMEKEEPERのバナー

大沢商会時計工場

1. 大沢商会 概略

大沢商会時計工場は、明治23年に大沢善助氏が個人事業として開設した時計製造会社であり、 一貫製造メーカーではなく舶来機械を入れた自家製時計を製造した組立て会社として知られる。 「創業100年史・大沢商会」によると、 創業初期(明治26年から28年にかけて)は僅かな期間ではあるが、一貫製造メーカーとして活動したとされる。
しかし、大沢商会の国産の機械は未確認で、工場の規模や動力、統計に出てこないところなど、 すべて自家製の時計や製造会社が本当に販売されたのか疑問が残り、解明が待たれる。

2. 十吋花

十吋花

全高 55cm

セス・トーマスのオフィスN0.3をコピーした10吋「花」。
10吋文字板は張り替えられている。ベゼルのガラス押さえは舶来式の金属枠で押さえる作り。 機械もトーマス式の3番車が大きいタイプで大阪時計の同様なものに似ている国産機械だが、どこのものかは不明、刻印ナシ。
ラベルは少し楕円の丸の中に黒紙に金彩でCLOCKS MANUFACTURED BY OSAWA COMPANY  このラベルは少ない。 ラベルの書き方やトーマスを丁寧にコピーしてる事など国産機械を入れて組立てた比較的古いタイプの製品では無いかと思われる。 ボン針台マークなし、巻きカギはオリジナルかは不明。

振子室ラベル、他

CLOCKS MANUFACTURED BY OSAWA COMPANY

ガラス押さえは舶来式の押さえ方

トーマス式の3番車が大きいタイプ

振子と巻き鍵

PR




1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / ・ 次頁右向きの矢印