TIMEKEEPERのバナー

キャリッジクロック : CARRIAGE CLOCK

11. 角枕形目覚ナシ【精工舎】

No.928 角枕形(目覚ナシ)

White Porcelain Dial.

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
精工舎
SEIKOSHA
大正中期〜関東大震災頃 高 四寸六分 八日巻き、打方ナシ
8 Day, Time only. Gold finish.

角枕の八日巻、高級感はありませんが、ジャパニーズキャリッジクロックに分類されるものです。 舶来品と比較すると、安っぽく感じてしまいますが、 当時の値段は、大正後期で10円前後してますから立派な高級品です。

ポーセリン文字板の六時下には、"MANUFACTURED BY SEIKOSHA, TOKYO JAPAN."とあります。 当時のカタログを確認すると、大正2年、5年になく、 大正9年〜12年には載ってますので、製造期間は大正中期から関東大震災まででしょう。

金属枠は、金色と銀色があり、 輸出用のカタログでは、機械も八日巻きと毎日巻きの二つのタイプが、 また皮サック(キャリングケース)付きも確認できます。

機械

香箱入りゼンマイ(八日巻)

底(鍵はオリジナルにあらず)

機械は、 No.980 流金人物付(天地白オニキス) と同じものです。 下の方にある丸いものが、八日巻きゼンマイの入る香箱です。遠目にみると目覚ましか時打ちと勘違いしそうですね。

当時のカタログ

角枕形(目覚ナシ)

No.928 金色 金十円二十銭
No.929 銀色 金九円四十銭

輸出用カタログ

TRAVELLING CLOCKS

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 /