TIMEKEEPERのバナー

クロックハウス住宅展示場

5. 懐中時計スタンド

資料 1 寄木象嵌

ボタンをクリックすると拡大





懐中時計スタンド

源氏香 寄木象嵌
大正時代

箱の上板の中に入った天板が前にスライドして、上に持ちあがり鏡台の様に立ち上がります。 そこへ懐中時計を・・・、そうですウオッチスタンド(ハンガー)です。

天板には源氏香(げんじこう)の図の寄木象嵌のワンポイントがお洒落な、いかにも日本的な粋好みの仕立てです。 下の引き出しを閉めると自然に天板がスライドして出てくる細工のよさです。

同品で大正10年に熱海で購入したとの墨書きのあるものを確認しています。

資料 2 彫模様

ボタンをクリックすると拡大





懐中時計スタンド

彫模様

資料1と形は同じですが、象嵌でなく彫刻で模様を付けてあります。 引き出しの白い取っ手は象牙のようです。

PR




左向きの矢印前頁1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / ・ 次頁右向きの矢印