TIMEKEEPERのバナー

ドイツ時計会社

1. JUNGHANS(ユンハンス)

商標の移り変わり

No. 西 暦 商   標
1. 最初の商標
1877年
2. 1888年〜

この5つ星Jのマークは古くて短い期間のものという事でよく珍品扱いされていますが、 日本には古く、殆んど入ってきていないタイプの時計です。 今国内にあるこのタイプは近年外国から輸入されたものが殆んどです。

3. 1890年〜
4. 1900年〜

※ 3,4は途中で切り替わったわけではなく1900年以降併用のようです。

商標登録原本

明治年間に日本で商標登録されたユンハンスに関わる資料です。 以下の商標は日本でユンハンスの商標登録代行をしたと思われるドイツ、支那輸出入銀行株式会社が出願し登録されています。

明治41年6月9日登録

明治41年11月26日登録

明治42年8月13日登録

ユンハンスという呼び方は戦後から

ユンハンスは古くは獨乙国Jマーク会社、獨国ゼマーク、獨乙ユングハンズ製、Jマーク、J印などと呼ばれていましたが、 戦後になってから現在のユンハンスという呼び方に変わってきました。 特に年配の方にはJマークの時計と言う呼び方で愛されてきたようです。

↑ 明治33年10月 堀米商舗商品案内より「獨国 ゼーマーク時計会社」

↑ 信太時報大正15年3月号より「獨乙ユングハンズ製 ゼーマーク」

↑ 日本時計商工新聞の大正15年11月20日号より「ヂエーマーク」

↑ 昭和5年8月 服部時計店舶来置時計掛時計カタログ表紙より

独逸ユンハン会社という呼び方も

昭和14年には国家総動員令により置時計の輸出が止まりますが、以下の広告から輸入もストップしたことが分かります。
広告のものは在庫品の整理?のようです。

↑ 昭和14年の今津時計より

↑ 昭和14年の今津時計より

↑ 昭和初期の卸カタログより

PR




1 / 2 / ・ 次頁右向きの矢印