TIMEKEEPERのバナー

なるほどキーワード

1. 腕・懐中時計の機械・ケースの刻印

機械の刻印

6 POSITION の機械

懐中時計のケースの刻印

刻印 金属名 解説
German Silver 洋銀 美しい銀白色を呈し、銅60%、亜鉛20%、ニッケル20%くらいの合金である。 硬くて力も強く耐食性も大きい。時計ではバネ類や懐中時計のケースに使用される。
SPM サンプラチナ プラチナに似た輝きの模造白金でプラチナではない。金属の名前ではなく商品名である。 時計では、大正〜昭和初期の腕時計のケースや懐中時計の鎖などに使われている。ニッケル 87.4%、クローム11.4%、鉄0.42%、その他アルミニューム、珪素などが含まれる。
Platinoid プラチノイド タングステン1〜2%を含む一種の洋銀である。懐中時計のケースに使われたりする。懐中時計の 裏蓋を開けると内側にPlatinoidと刻印があったりする。なんとなくプラチナに似たつづりなので 「おーーっ、プラチナのケース!」と勘違いしがちだが、よくみると明らかに輝きが違う。 永久性の光沢を有するので装飾品に用いられる。
Platinite プラチナイト コレまた、プラチナと勘違いしやすい。ニッケル鋼のうちNi44〜47%のものがプラチナイト と呼ばれる。懐中時計のケースに使われることがある。プラチナイトはガラスと熱膨張係数が等しい ので電球に封入する針がねに用いられた。昔この目的でプラチナが利用されたため、この名がある。

PR




1 / 2 / ・ 次頁右向きの矢印