TIMEKEEPERのバナー

小栗時計(小栗富次郎)

1. 小栗時計(小栗富次郎)の略歴

当時の貴族院議員小栗富次郎が尾張半田(半田市)で米国ウオーターベリーのボンボン時計をモデルとして製造していたが、 明治38年名古屋長谷川与吉に譲渡して東陽町に移転させハートH精工所となった。
明治30年に創業し、明治30年代に活躍した工場である。
小栗時計は名古屋市大船町三丁目にあった横浜商館ジャーデン・マゼソン商社代理店 小栗商店の時計製造部門である。

創業時期を示唆する資料

小栗時計の創業時期を示唆する資料です。 いち早く地元の半田の時計商(竹内伶助)に卸販売をした広告チラシです。 あるいは身内なのかも知れません。 この資料から、創業は明治30年と確認できます。

小栗商店のチラシ(営業品科目)

商標登録原本

明治33年2月27日登録 小栗富次郎

PR




本記事はこの頁だけです。